CMYK

シアン[Cyan/藍]・マゼンタ[Magenta/紅]・イエロー[Yellow/黄]・ブラック(Black/黒orスミ)の4色のこと。 理論上は前半3色(CMY = 色の3原色)だけで全ての色を再現できるとされるが、実際にはCMYをすべて100%で加えてもいわゆる「真っ黒」な状態にはならないため、ブラック(黒orスミ)のインキが付加的に用いられる。 通常のカラー印刷はこのCMYK4色で印刷され、プロセスカラーとも呼ばれる。光の3原色(RGB)より再現色域が狭いので、RGB→CMYK変換時には注意が必要である。 DTPの普及により、制作者の目がRGBの直接光であるPCモニターに慣れてしまっているため、日光や蛍光灯が紙に反射して脳が色彩を認識する、間接光としてのCMYK色域に差を感じる機会も増えている。 そのため、このRGBとCMYK色域の差につき理解がない制作サイドからのデータ入稿は、印刷会社にとってトラブルのもとになりやすい。印刷前の色校正などで忌避すべき問題である。 ※詳細につきましてはこちらもご覧下さい。
全ての印刷物に環境にやさしい大豆油インキを使用しています。
SSL 当サイトはお客様の個人情報・制作データを送受信する際、SSLによる暗号化を行っております。