PP加工・PP貼り

PP加工とは、ポリ-プロピレン加工の略で、印刷された紙に接着剤を塗布し、ポリプロピレンフィルムを圧着させるもの。 雑誌・カタログの表紙や書籍カバーなどで使用される場合が多く、フィルムを貼ることによる表面の保護や光沢感の向上などが主な目的。 通常は、ツヤ・光沢のある仕上がりになる「PPフィルム」だが、ツヤ消しの仕上がりになる「マットPPフィルム」と呼ばれるものもある。 ※大部数チラシ印刷対応のPressbeePro及び小ロット印刷対応のPressbeeのどちらとも現在PP加工はお取り扱い致しておりませんのでご了承下さいませ。
全ての印刷物に環境にやさしい大豆油インキを使用しています。
SSL 当サイトはお客様の個人情報・制作データを送受信する際、SSLによる暗号化を行っております。