中綴じ

別名=中ホッチ綴じ。製本方式のひとつで、表紙と本文を背から通した針金 = ホッチキスで中央とじする方法。パンフレット、薄手のカタログ、雑誌(主に週刊誌)などで良く見かけるが、ホッチキスの針長および紙厚の物理的な制限から頁数40~50ページ程度が限界。これ以上の頁数になると、使用する紙質にもよるが内側の頁と外側の頁がずれてきてしまうため、無線綴じなど他の製本方式を採用するほうが無難。姉妹サイト「印刷工房プレスビー」で取扱っておりますパンフレット印刷の製本方式は、この中綴じとなります。
全ての印刷物に環境にやさしい大豆油インキを使用しています。
SSL 当サイトはお客様の個人情報・制作データを送受信する際、SSLによる暗号化を行っております。